読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/1~14 SF情報

ベスト2016

近刊情報

1月の新刊、特に目ぼしいものはなし。ムア・ラファティのSFミステリはどうしようか。

2017年全体でいうと、キャメロン・ハーリィやスコルジーのスぺオペ、アナリー・ニューウィッツの初の小説など。グレゴリイも出るがまた家族小説みたいでうーん。ライアニエミのSummerlandが載ってないのだがちゃんと出るだろうか?

6月刊行の南アフリカを舞台にしたSFということだが、表紙があまりにチャッピー。

書評

賞関連

現在のSF賞をめぐる状況のオルタナティブになるかと思われたスプートニク賞だが、箱を開けてみれば割と普通だな……。

TOC

その他記事

トールキンの孫サイモンが祖父の戦争経験とLOTRとの関連を語る、って半分は祖父の戦争経験をネタにした小説を出す宣伝であった。

ブッカー賞作家のマーロン・ジェームズがアフリカ風のエピック・ファンタジイを執筆しているとのこと。どんなものであろう。

日本でもGIGAZINEなどが取り上げて話題になっていた架空の会員カードで本を借りてマイナー書の処分を免れていた事件だが、SF界隈ではコニー・ウィリスの96年の長篇Bellweatherでその手口がすでに描かれていたということで話題に。

12/19~31 SF情報

ベスト2016

近刊情報

2017年の新刊はまだめぼしいものが見当たらず。主流文学っぽいが、チェコの宇宙飛行士の話が少し気になる。

書評

TOC

その他記事

以前にも「ダイアモンドの犬」が舞台になるという記事を取り上げたが、今度は人形劇に?

だいぶ昔の記事だが、ミエヴィルの社会主義者必読SF/FTリスト。新旧を問わず、主流文学からジャンル小説までバランスよく入っている。

12/1~12/17 SF情報

ベスト2016

近刊情報

メジャーなSF作家がゲームのノベライズを手がけるのは今時珍しくもないが(ベアとかワッツとか)、ジェミシンとヴァレンテとは意外な人選。

ニール・スティーヴンスンの来年の新刊。魔法が実は実在して……とかアーバン・ファンタジィですか?

書評

ロバート・チャールズ・ウィルスン Last Year

その他

インタビュー

TOC

ストラーンの仮想ノヴェラベスト2016。Tor.comのノヴェラが半分入っている。

その他記事

〈ワイルド・カード〉シリーズの公式サイトが登場。ゲーム・オブ・スローンズも続いてドラマ化しそうな勢い。

バチガルピ『シップブレイカー』の映画化権の話。映像映えしそうな話ではある。

WIREDがSF特集号を出すとのこと。むしろ今までなかったのが意外。

11/16~11/30 SF情報

ベスト2016

今年のベストも出揃い始めた。あまりセレクションに同意はできないが、それが上がってくるのは分かるという感じ。

近刊情報

ディーキン大学のサイトに掲載されたコリイ・ドクトロウによる自動運転車テーマの短篇。話の合間にテーマに関するアンケートが入ってるのが趣向として面白い。

書評

ブルース・スターリング Pirate Utopia

その他

インタビュー

TOC

その他記事

米大統領選の結果を受けて書かれたチャールズ・ストロスのブログ記事。トランプ・ドゥテルテ・ブレグジットエルドアンあたりを一つの現象として見るのはストロスにしては少し踏み込んだ感じがするが、それだけ危機感が高まっているということか。

アジア系SF/FT作家の作品リスト。網羅的なものではなく、作家や編集者のお勧めを挙げているだけだが意外に知らなかったものもあったり。

10/31~11/15 SF情報

近刊情報

書評

ケン・リュウ編 Invisible Planets

エマ・ニューマン After Atlas

その他

インタビュー

ケン・リュウ

その他

TOC

その他記事

ニュージーランドSF/FTのニュースサイト。

漫画版『虚構推理』の英題、Inspect(調査)とspectre(幽霊)をつなげて原題のニュアンスを出そうとしてるのすごくない?訳者頑張った。

ジェフ・ライマンのアフリカSF紹介第2弾。

10/17~28 SF情報

近刊情報

キャメロン・ハーリイの来年出るスペオペがちょっと気になる。

ヴァンダミアの来年の新刊。近未来SFっぽいストーリーだが、本質はやはり謎生物の生態みたいなところにありそうだ。

アリゾナ州立大学のCli-Fi短篇コンテストの受賞作を掲載したアンソロジー。無料でダウンロードできる。

書評

ケン・リュウ訳の中国SFアンソロジー、11月発売なのだがこの前紀伊國屋新宿南店の洋書売り場にあった。紙の方が早いこともあるのかな。

ウィル・マッキントッシュの新刊が評価高い。マッキントッシュの長篇、設定は面白そうだがエンジンかかるまで長くて放り出してしまうのだけど、今回は頑張ってみようか。

ベッキー・チェンバーズの新刊も評判よさそう。前作といい楽しいスペオペなのは分かるけど、こんなに評判になるのは正直不思議。

インタビュー

その他記事

SFの「古典的名作」のリストを集めたもの。1948年の時点で既にベスト的なものが編まれているのがSFらしい。

出版社やインプリントが五大出版社のどの系列に属するかのインフォグラフィック

10/3~15 SF情報

最近は個人的に引き付けられるネタが少なくて、2週に1度くらいでよさげな感じ。

近刊情報

先週に続き10月の新刊はあまり心惹かれず。

再録でなければチェック。

書評

ウィリスの新刊、男女の思考がつながっちゃうラブコメということで、これは前前前世なブレイクの可能性が?と思ったが、書評はあまり芳しくないようす。

インタビュー

その他記事

ハンガリーのSF雑誌が英米圏の作家の作品を無許諾・未払いで掲載していた件で、アン・レッキーはじめ作家とSFWAが激おこ。何から何までひどい話なんだけど、何より当のハンガリーのSF雑誌が最盛期の部数が90000部超だったのが現在は1000部という惨状に涙がちょちょ切れる。

ボブ・ディランノーベル文学賞受賞ということでRedditでもさっそく大喜利をやっていた。『歌う船』はうっすら記憶にあったが、『重力が衰えるとき』もディランの歌詞だったのか。ウォルター・ジョン・ウィリアムズとアレン・スティールのは存在すら知らず。